つのわのブログ

仕事と住まいと身の回りについてのアレコレです。良いデザインとオンリーワンを広め隊。

お好み焼きを美しく食べる方法

f:id:tsunowa:20181005162241j:plain

 

「お好み」って言うんです。

お好み焼きのことですよ。

 

鉄板で食べることがほとんどです。

猫舌であっても、気温35℃超えの真夏日でも、鉄板が好きなんです。

 

ヘラを使って美味しく食べるのがふつうです。

もちろんお箸を使ってもOKなのですよ。

ただし、その場合には小皿を使います。

お箸で鉄板から直接口へ運ぶことはしません。

見た目も美しくありませんね。

 

ヘラを使うと食べ終わった後の鉄板が、大変美しい。

食べ終わった後の鉄板が美しいのは、

「おいしかったですよ」のサイン。

店の人も嬉しいし、片づけるのに手間がかかりません。

 


 

焼きあがった、まあるいお好みを、鉄板職人が自分の側へ置いてくれます。

すぐさまヘラで切りつけようとしたら、フライングすることがありますよ。

 

お店によっては、職人の配慮で「あおのりかけますか?」と聞かれます。

わたしもたまに、あおのりもソースもまだなのに、フライングして恥ずかしい目にあうことがあります。気を付けてください。

 

上の絵は、右利きの人の美しい食べ方です。

ヘラを使って番号順にカットし、ヘラの角(カド)、この「ひとくちエリア」にすくって(乗せて)いただきます。

 

すくうときのポイントは、鉄板に残っているお好み本体に当ててすくう。

本体=大きい方に、ひとくちを当ててすくう・・・当てて。

 

この時、左腕はカウンターにしっかりと据えて、できるだけ前のめりに。

鉄板に上半身を乗り出すようにして、右手は力を込めてヘラで一発!カットします。

 

中途半端に手先だけでカットしようとしても、うまく切れませんよ。

お好みは何重にも層になっているので、ヘラはしっかり力を入れなければ、美しい切り口にはなりません。

ギコギコすると具があっという間に散らばります。

美しくありません。

 

そして必ず、ひとくちで食べきれるサイズまでカットすることが重要です。

基本的に、ヘラの上で噛み切って食べるようなことはしません。

ヘラの上はひとくちエリアです。

なぜなら、お好みはミルフィーユ状態ですので、ヘラのようなちいさな平面で噛み切ったりすると、空中分解してしまい、鉄板やテーブルがすぐに散らかってしまいます。

美しくありません。

 

f:id:tsunowa:20181005162453j:plain

 

最後のひとくちです。

 

もう残る本体がありませんから、当てるところがありませんね。

まさか左手を使うなんてことはしませんよ。美しくありませんから。

 

上の絵の通り、鉄板の手前のふち(へり)を利用しますよ。

ふちの段差に、思い切って当ててすくいあげます。

すると、大変美しく食べ終えることができます。

 

鉄板のふち(へり)は上の絵のとおり、段差が付いているものがほとんどなのですが、まれに、スロープ形状になっている場合があります。

この時は、最後のひとくちが逃げやすいので、注意が必要です。

 

なんとか、頑張ってみましょう。

 

ヘラについて最近、口の小さなお子様やお嬢様用に、かなり幅の狭いタイプのものを出されるお店もあります。

 


 

これ、幅が狭いだけではなく、角がアールになっておりまして、怪我をしないようになっているのですが、これが見た目通りなんせ切れません。

わたしは「とがったやつに替えてください」とお願いするのですが、やっぱりお店の人の配慮なので、ちょっと言いにくいこともあります。

 

『女子だから、気遣ってくれたんだワ』

 

仕方が無いので、頑張って美味しく食べますけどね。

小皿とお箸を使わずに、テーブルや鉄板も美しく、そしてなによりアツアツを美味しく、楽しく食べてもらいたいです。

 

引っ越したから、なかなか食べられなくなってしまったから、とうとう夢にまで見るようになってしまったので、ここに書きました。

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。