つのわのブログ

仕事と住まいと身の回りについてのアレコレです。良いデザインとオンリーワンを広め隊。

お好み焼きを焼く順番と、天かすの意味

f:id:tsunowa:20181005162244j:plain

 

お好み(焼き)ネタのつづきです。

(^^; スミマセン。。。

 

お好みって言うんですよ。

お好み焼き」のことです。

 

念願の、夢にまで見たお好みを、現地でいただくことができました!

 

画像はそのお品。たいへん美しい (゜ρ゜)

 

そば麺パリパリ系のお店です。平日の昼間からカウンター(鉄板)は、ほぼ埋まってました。その日は最高気温35℃超えしていましたが、関係ありません。

 

さて、前回ちょっと触れましたが、お好みは何重にも層になっています。

ですので、焼く順番というのが基本的には決まっています。

 

f:id:tsunowa:20181005162451j:plain

 

 

  1. @の具を下から順番に重ね、ひっくり返して蒸らす
  2. そば麺を鉄板に広げ、油を足し軽く焼き目をつける
  3. 2(そば麺)の上に、1(@)をそのまま重ねる
  4. たまごを割り、黄身をつぶして生地と同じくらいにまるく広げる
  5. 3(@+そば麺)を4(広げたたまご)の上にそのまま重ねる
  6. 全体をひっくり返して、ソース+あおのりを散らして完成!

 

 

ご家庭では大きいフライパン、ホットプレートを使ってちゃっちゃとつくりますよ。

材料の準備をして順番通りに焼くだけ、誰でも簡単につくれます。

お弁当のおかずにしている学生さんもいますよ。冷めても美味しいからです。

 

わたしは家ではもやしを入れません。ちょっと水が出やすいからです。

ねぎは具の間に挟むのではなくあおのりの後、最後に全体がねぎまみれになるまで乗せていただくのが好きです。

地元のねぎはちょっと太くて、香り高いので生でいただく方が美味しいんです。

お店ではねぎかけ、トッピングのことですね。

たまには、そばの代わりにうどんにしても美味しいですよ。

 

それから、家では袋のゆで麺を使います。

麺は焼く前に、袋のままレンジでちょっとだけ温めると、パラっとなりやすいんです。

焼きそばをつくる時もそのようにすると、ベチャっとならずに美味しくできますよ。

 

 

ところで、天かす(砕いたイカ天でもOK)を入れる理由って知っていますか?

 

コクを出すともいいますが、温度を上げるためなんです。

油のかたまりですからね。

温度ムラをなくして、早く全体に火が通るようにするために入れますよ。

 

 

久しぶりの現地のお好みは、見た目も美しくとっても美味しかったです。

 

 

 

高速道路が開通したのを見計らって、地元広島へ帰省しました。

豪雨の影響、その爪痕があちらこちらに。

 

 

両親、親戚、友達、全員無事でした。本当にありがたいことです。

 

「水道の水が出んのが悪(わり)かったわ~、ハハ~!」

と、父は明るく話していました。おかげでちょっと安心しました。

逆に元気を貰った感じです(^^;

 

それでも、まだまだ厳しい状況が続いている地域がたくさんあります。

一日も早く元の暮らしに戻れることを願って、わたしもできることからやろうと思います。

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。