つのわのブログ

仕事と住まいと身の回りについてのアレコレです。良いデザインとオンリーワンを広め隊。

仕事で新しいソフトウェアを触ることになったとき、誰でも簡単に最短で使えるようになる方法

f:id:tsunowa:20200216103705j:plain

 

仕事とか業務でどうしても使ったことのないソフトウェアを使えるようにならなきゃいけない場面があります。

 

例えばわたしの場合で言うと建築用CADだったり、PhotoshopAdobe製品の新しいやつとか。
最近ではテキストエディターをATOMからVSCodeに乗り換えしました。


そんなとき、慣れるまでそこそこ時間がかかるし、最初は当然なのですが思い通りに作業が進まず結構イライラしてしまうものです。

しかし、このイライラが簡単に解消されるだけでなく、誰でも短時間で新しいソフトウェアに慣れるようになる方法があるのです。

 

 

 

デキる人は必ず使っている「ショートカットキー」

結論からいうと「ショートカットキー」です。

 

各種ソフトウェアのメイン画面にある「メニューバー」などから使いたいコマンドを探して選択する・・・のではなく、マウスではない方の手でそのコマンドに対応するショートカットキーを押して、作業効率をUPさせる方法です。

 

実は仕事が早い人、ソフトウェアを使いこなしている人が共通して必ず使っているのが「ショートカットキー」なんですね。
こういう人たちの操作中の様子をよくよく見ていると、手の動きやマウスポインタの動きがとても合理的なんです。要するに無駄な動きが少ないから仕事が早い。

普段よく「ショートカットキー」を駆使してソフトウェアを使っている方なら既にお気付きだと思うのですが、実は違うソフトウェアでも結構かぶっているコマンドが多く、それはほぼほぼ同じ「ショートカットキー」だったりします。

ということは、一度覚えて使えるようになったショートカットキーが、別のソフトウェアでも使えることが結構あるので、初めてのソフトウェアでも慣れるまでが早いんですね。

 

まずは「ショートカットキー」を10個覚えよう

先ほど、「デキる人はショートカットキーを使っている」と言いました。

ある程度慣れてからショートカットキーを覚えるのではなくて、はじめからよく使うショートカットキーを覚えておくのです。

そのほうが操作に慣れるのが早くなり、結果合理的に作業が進められるようになります。

 

新しいソフトウェアを使うことになった時、まずは「ショートカットキーを10個覚える」ことから始めます。

 

ひとまず紙に書き出すだけでもOKです。

1日あれば操作しているうちに覚えられます。

 

どのソフトウェアでも共通してよく使うコマンドは次の通り。

 

  1. コピー
  2. 貼り付け
  3. 戻る
  4. 進む
  5. 切り取り
  6. 保存
  7. 更新
  8. 新規作成
  9. 印刷
  10. 閉じる

 

このあたりはショートカットキーが同じことが多く新しく覚える必要がほぼないので、新しく覚えるべきなのはこの10個以外で、そのソフトウェア特有のコマンドの中の「よく使うであろうショートカットキーを10個」です。

 

ソフトウェアごとにグーグルで検索すれば、すぐに見つかるはず。

 

例えばこんなの↓があります。

 

 

検索エンジンGoogle Chromeでよく使うショートカットキー10個

 

もはや当たり前に使われているショートカットキーですが、Google Chromeでよく使うショートカットキー10個は次の通り。
(注:WindowsOS)

 

  1. 前の画面に戻る       ーーー Alt + ←
  2. 次の画面に進む       ーーー Alt + →
  3. 新しいタブを開く      ーーー Ctrl + T
  4. 現在のタブを閉じる     ーーー Ctrl + W
  5. 次(右)のタブへ移動    ーーー Ctlr + Tab
  6. ページを更新      ーーー Ctrl + R
  7. リンクを新しいタブで開く ーー Ctrl + 左クリック
  8. 現在のページをブックマーク ー Ctrl + D
  9. アドレスバーにカーソルを移動ー Ctrl + L
  10. デベロッパーツールを開く ーー F12

 

だいたいは画面上の方にあるコマンドをクリックする感じのところを、手元でサクっとやってしまうショートカットキーですね。

これだけ覚えてしまえば、マウスでぐりぐりカーソルを動かす手間がなく、時間が省けます。

あと、人前でこれらを操作していると、「今の、どうやったん??」と聞かれたりすることがたまにあるので、親切に教えてあげると大変喜ばれます。

 

 

できるだけ障害を少なくして自分が楽になるための工夫をしよう

 

初めて使うソフトウェアに対して最初からやみくもに触ってみるのではなく、まずショートカットキーを書き出しておくだけでも、使いたいコマンドを画面の中から探す手間が省けるので、その分イライラが減少します。そうすると、ちょっと落ち着いて進めることができるので、1日もあればたいていどんなソフトウェアでも慣れてきます。

 

 

恐らく、慣れるまでに障害になるのはこのイライラ、メンタルが大きく影響しているのではないかと思っているんですね。

わたしはせっかちなんでしょうねぇ、こういうどうにもならない自分に対するイライラが嫌いなんですよ(^^;こうならないように、合理的に進めたいんですよね。

 

なので少しでも最初のイライラや気分を軽くするための工夫をすること。

できるだけ障害を少なくして自分が楽になるように。(辛いことはしないように)

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。